カテゴリー
未分類

Re:Volver

あいうえお

カテゴリー
未分類

【サンプル記事】離脱防止ツール「リボルバー」

【サンプルページ】LPのCVRを改善!コンバージョンへと導く離脱防止ツール「リボルバー」

 

【リボルバー設定用サンプルページ】

 

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

テスト

 

 

お申し込みはこちら

カテゴリー
未分類

3-2.カスタムHTMLでの登録

3-2.クリエイティブ登録

メニュー内のクリエイティブ管理にある、「クリエイティブ登録」を押下し、カスタムHTMLを選択します。

3-2.表示設定

バナーの表示をiframeで表示を行う設定です。HTMLや、変数、JavaScriptが使用できるので、動的なバナーの表示が可能になります。

①HTML入力フィールド【必須】
・表示するクリエイティブをHTMLで記述することができます。プレビューでリアルタイムに変更を確認できます。
②CSS入力フィールド【必須】
・表示するクリエイティブをCSSで記述することができます。
ここで記述したCSSは、①のHTMLに適応されます。
プレビューでリアルタイムに変更を確認できます。
③拡張機能についての説明
・オプションについての説明がございます。合わせてご確認ください。
④変数の作成
・カスタムHTML内でのみ動作する変数を定義します。
電話番号や店舗名など、ページ毎にバナーのクリエイティブを動的に変更したい場合に使用します。変数として使用したい文字列が含まれるclassもしくはidを指定します。
変数は最大で3つ指定することができ、{v1}~{v3}の形式で参照することができます。
⑤プレビューの背景
・バナー掲載予定のウェブサイトのスクリーンショットを設定すると、プレビューエリアの背景に設定されるので、サイトでの表示イメージをつかみやすくなります。
⑥適用ボタン
・変数の作成や、プレビュー用背景を適用するボタン。

 

 

■ポップアップをクリックした時に別タブでリンクが開く設定

カスタムHTMLでの設定となります。

①レフトナビ内の「各種登録処理」→「画像倉庫」に表示させたいバナーの画像をアップロードし、画像URLを取得

②新規クリエイティブ作成の場合:
「クリエイティブ登録」→「カスタムHTML」→「表示設定」→「HTMLラベルを追加」

 既存クリエイティブの場合:
「クリエイティブ登録」→「表示設定」→「HTMLラベルを追加」

③HTML欄・CSS欄にデフォルトで設定してあるコードを下記のように書き換える

【HTML】

<div class=”sample-wrap”>
<a href=”遷移先URL” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
<img src=”画像URL”>
</a>
</div>

【CSS】

img{
width: 100%;
}

⑤その他は通常通り設定

 

 

ご利用までの流れTOP

カテゴリー
未分類

ポップアップの推奨設定

動作トリガーの推奨設定

ブラウザやOSによっては「閉じる」「戻る」の動作に対して、特有の条件を満たさないとポップアップが反応しない場合があります。
そのため、ブラウザやOSの影響を最小限に抑える目的も含めて、下記の設定を推奨しています。

推奨設定

①「フォーカスアウト」「カーソルアウト」での動作トリガーを設定
表示設定内の「動作トリガーの設定」→「トリガー追加」を押下した後に、「離脱防止」で下記の項目にチェックを入れます。

【フォーカスアウト】
PCの場合:ユーザーが下記の挙動をした場合にポップアップが表示されます。
・ウィンドウからカーソルが外れたときに表示
・アドレスバーをクリックしたときに表示
・別のタブをクリックし、再度ページに戻ったときに表示

SPの場合:ユーザーが下記の挙動をした場合にポップアップが表示されます。
・別のウィンドウを開き、再度ページを開いたときに表示

【カーソルアウト(PCのみ)】
・タスクバーにカーソルが移動した場合にポップアップが表示されます。

②「滞在秒数×スクロール率」での動作トリガーを設定
表示設定内の「動作トリガーの設定」→「トリガー追加」を押下した後に、「時間経過」に下記の設定をします。

・【滞在秒数:15秒以上×スクロール率10%未満】
記事広告を開いたあと、放置していたり、ほとんど読んでいないユーザーにバナーを表示する

・【滞在秒数:10秒未満×スクロール率99%以上】
ページを開いて、かなり読み飛ばしてすぐにページ最下部にたどり着いたユーザーにバナーを表示する

 

 

※ブラウザやOSの影響とは

・「戻る」ボタンの場合
chromeやAndroidの場合、画面がアクティブ状態でバナーが出てくる」いう制限があります。
androidアプリのブラウザ側のルールとして「画面をタップしていない(アクティブ状態ではない)ユーザーにブラウザバックでのポップアップ配信を行うのはNG」というのがあるため、ユーザーが一度画面のどこかをタップした後に「戻る」をクリックしないとバナーが表示されないという事があります。

・「閉じる」ボタンの場合
ブラウザを閉じようとした場合、ブラウザ上に「ページから移動しますか?」などの通知がでますが、その際にユーザーが「ページに留まるボタン(キャンセルボタン)」を選択した場合に、バナーが表示される仕様となっています。
・また、「戻る」の場合と同様に、ChromeやFirefoxでは一度画面をクリックしていないと、トリガーが発火しないため、
遷移後すぐに閉じるを押してもバナーが動作しないようになっています。

スマートフォン然りアプリケーションの場合は、デバイスやアプリのシステムによって「閉じる」動きが発生するので、他のシステムが介入することが出来ないため、Re:Volver側で制御することはできません。

その対応策として【滞在秒数×スクロール率】の設定を推奨しております。

 

 

ご利用までの流れTOP

カテゴリー
未分類

2-3-2.動作トリガーの設定詳細

2-3-2.動作トリガーの設定詳細

※トリガーの対応表

A.離脱防止

①ブラウザやタブを閉じようとしたとき(PCのみ)
・PCユーザーが利用しているブラウザのポップアップ通知が許可されている状態で、ブラウザやタブを閉じようとした場合に、ブラウザ上に「ページから移動しますか?」などの通知がでます。
その際に、ユーザーが「ページに留まるボタン」を選択した場合に、バナーが表示されます。 Google ChromeとFirefoxでは一度画面をクリックしていないと、このトリガーは発火しないので注意してください。

②ブラウザの戻るボタンを押下したとき
・PC/SP共に利用できる設定。
PCブラウザの戻るボタンや、SPブラウザでのフリックや、ブラウザの戻るボタンにも対応しており、Androidの[端末バックキー]にも対応しています。また、バナーの表示の際には、ブラウザのアラート等は表示されません。

③同ドメイン内での戻るは表示しない
自分たちのページから抜け出る際にポップアップを出現させることができます。
ページ内リンクを戻る場合にはポップアップは表示されません。
例)検索サイトからページにアクセスし、ページ内をリンクを何階層か進んだあと、戻るボタンを押し続けて、検索サイトへ戻る際に初めてポップアップを表示させる。

④ウィンドウからフォーカスが外れたとき
・この設定はPCとSPのブラウザの仕様の違いにより、それぞれ動作の条件が変わります。
■PC限定の動作
・ウィンドウからカーソルが外れたときに表示
・アドレスバーをクリックしたときに表示
・別のタブをクリックし、再度ページに戻ったときに表示
■SP限定の動作
・別のウィンドウを開き、再度ページを開いたときに表示
⑤ページ内のiframeでも動作する(Youtubeなど)
・デフォルトではチェックがはずれていますが、チェックを入れていると、youtubeなどの枠や、再生アイコンをクリックするだけでもフォーカスアウト扱いになります。

⑥マウスカーソルがタスクバーに移動したとき
・タスクバーにカーソルが移動したことを判別して、画面上にバナーを表示させます。

⑦オプション選択
・チェックボックスを有効にすると、ユーザがページにどのくらいの時間滞在していたのか、ページのスクロール量はどれくらいか、という条件をつけることができます。
・例えば、【ページ滞在時間30秒】かつ、【スクロール量が80%】のユーザーが
【戻るボタンを押したとき】にバナーを表示させる。といったより細かい設定を行うことができます。

B.時間経過&スクロール

①時間経過をメインに設定することができます。
②スクロール量との掛け合わせ(AND条件)を設定する場合は有効にします。
③スクロール量をメインに設定することができます。
④時間経過との掛け合わせ(AND条件)を設定する場合は有効にします。

 

ご利用までの流れTOP

カテゴリー
未分類

3.タグの設置

3.タグの設置

3-1.タグを発行する

①左メニュー内「サイト管理」の「サイト一覧」を押下します。
②任意のサイトの空白部分を押下します。

「タグ発行」を押すと、タグが発行できます。
・タグが表示されたらコピーボタンを押下して、タグをコピーし、サイトの<body>~</body>内に設置してください。

3-2.タグの反応を確認する

タグ設置後は、左メニュー内「レポート」で反応を確認することができます。
PV数のカウントがされていれば、タグは反応しています。

 

ご利用までの流れTOP

カテゴリー
未分類

2.クリエイティブ登録

2.クリエイティブ登録

左メニュー内にあるクリエイティブ管理の「クリエイティブ登録」を選択します。基本設定を選択しサイトに表示するバナーの登録を行います。

登録画面に切り替わったら、基本設定・セグメント・表示設定を登録します。

2-1.基本設定

稼働・停止の設定、バナーを表示させるページの登録などを行います。

①任意のクリエイティブ名を入力します。
②プルダウンからキャンペーンを選択します。
・新規:右隣の入力フィールドにて新しいキャンペーン名を作成できます。
・選択:過去に作成したキャンペーン名を選択できます。
③「0」と入力します。
※同一ページに複数のクリエイティブが設定してある際に、設定した数字が高いものほど、優先して表示されます。
④プルダウンから選択します。
・稼働:ページ内にポップアップが表示されます。
・停止:ページ内にポップアップは表示されません。
⑤「OFF」を選択します。
⑥ポップアップを表示させたいページのURLを入力します。
・改行区切りで複数URLの登録が可能です。
・URL末尾には(*)ワイルドカードを付けることを推奨します。
・正規表現を利用する場合は行頭に[REGEX:]を記載してください。
⑦⑥で指定したページの中で除外したいページがある場合、そのページのURLを入力します。

2-2.セグメント

ポップアップを出すための制御やセグメントを設定します。

①ユーザーの訪問回数に応じた表示の設定を行います。
・初回訪問は[1]とカウントされ、最終アクセスから1か月の間保持されます。空欄で入力した場合、例えば[3]~[空欄]の場合は訪問回数3回以上全てを意味します。
・訪問回数に応じた設定が不要の場合は、OFFにします。
②ユーザーのページ遷移回数に応じた表示の設定を行います。
・流入時は[0]とカウントされ、セッションが切れるとリセットされます。
空欄で入力した場合、例えば[3]~[空欄]の場合は訪問回数3回以上全てを意味します。
・遷移回数に応じた設定が不要の場合は、OFFにします。
③1ユーザーへの動作制限を実施します。
・プルダウンから動作制限の期間・条件を選択します。
・同一ユーザーへの動作制限が不要の場合は、OFFにします。
④クリエイティブ単位での動作回数の上限を設定します。
・プルダウンから動作制限の期間・条件を選択し、任意の回数を入力ます。
・動作回数の上限が不要の場合は、OFFにします。
⑤訪問元を判別して、クリエイティブの出し分けが設定できます。
・特定のWebサイトから流入してきたユーザーに対してのみ「表示する、表示しない」の設定を行います。
・各種クリエイティブ経由のユーザーに出し分けをする際に使用します。1回の訪問につき1つの訪問元を持ち、セッションが切れるとリセットされます。
・訪問元による出し分けが不要の場合は、OFFにします。⑥自サイト内の特定のページを見たユーザーにのみ「表示する、表示しない」の設定を行います。
・タグが設置されているページのみ対象となります。
・キャンペーンページを見たユーザーにのみ表示する、などの設定が行えます。
・セッションが切れても最終アクセスから1か月の間(最大100件)保持されます。
・設定が不要の場合は、OFFにします。
⑦【上級者向け】HTMLに含まれる文字列(classやidなどの要素、プレーンテキスト)を読み取って、特定のページでのみ表示をする・しないの設定を行います。
・例えば会員の状態やカートの状態を読み取って表示設定を行うことが可能です。
・正規表現でのみの利用になります。
・設定が不要の場合は、OFFにします。

2-3.表示設定

ポップアップの動作条件や、表示させるバナーの登録を行います。

①任意のラベル名を入力します。
②表示させるデバイスとブラウザを選択します。
③バナー画像を登録します。
④表示するバナーサイズを設定します。
⑤任意のバナー名を入力します。
⑥バナーをクリックした後に遷移するページのURLを入力します。
※「電話連携」に任意の電話番号を入力すると、バナータップ後に電話をかける機能を起動させることが出来ます。
PCブラウザではユーザー自身が設定しているアプリで開き、スマートフォンではそれぞれの電話機能が起動します。

 

⑦ポップアップ動作時の、閉じるボタンのデザインを変更することができます。
⑧表示する期間を設定します。ルーチン設定可。
※日時設定は追加すると、最大3つ設定枠を増やすことができます。
⑨同じサイトを複数のタブで開いている場合の動作を制御します。
⑩サイト上で表示される位置を設定できます。
※プレビューで表示位置の確認ができます。
⑪背景色とアニメーションを設定できます。
・背景色と透明度:ポップアップの背景色を設定します。#ffffffの形式かrgba(0,0,0,0)の形式で入力するか、カラーピッカーから選択します。
・背景をクリックした時の動作:ポップアップバナーの外をクリックしたときの動作を指定します。
・アニメーション:ポップアップが表示される際のアニメーションを設定します。
※ポップアップの設定詳細はこちら
⑩バナーが動作するトリガーを、離脱防止・時間経過・スクロールから設定することができます。
※動作トリガーの詳細はこちら
⑪「登録」を押下すると、クリエイティブの登録は完了です。

 

ご利用までの流れTOP

カテゴリー
未分類

保護中: Re:volverガイドTOPページ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

カテゴリー
未分類

4.分析

4.分析

4-1.ダッシュボードでの分析

直近7日間のレポートがリアルタイムで確認できます。

①指標1・指標2
・指標1は赤線、指標2は緑バーで表現されています。

また、指標は切り替えが可能となっており、任意の指標で推移の確認を行うことができます。
②指標1の数値
・左の目盛りは指標1を表示しています。
③指標2の数値
・右の目盛りは指標2を表示しています。
④日付
・過去7日分の日付が表示されています。
⑤集計一覧
・過去7日間分の合計数が一覧となって表示されています。先週比との比較も簡単に知ることができます。

⑥サイト別レポート
・登録しているサイトと紐づけているクリエイティブのレポート結果の合計が表示されます。
⑦クリエイティブレポート
・登録しているクリエイティブ別にレポート結果が表示されます。
⑧表示するレポート項目
・リストに表示されているレポートの項目を個別に選択して、表示することができます。デフォルトでは、右図のように、全てにチェックが入っています。
⑨リスト開閉ボタン
レポートリストを開閉できます。「+」が閉じた状態「-」が開いた状態です。

■用語の説明
・PV数:対象期間のページが表示された数を表します。

・クリエイティブアクセス数:クリエイティブを見た人数
・表示回数:クリエイティブが表示された回数

・クリック数:表示されたクリエイティブがクリックされた数
・クリック率:表示回数に対し、クリックされた数の%表示をしています
・CV数:ツール経由で発生した成果数
・CV率:クリック数とCV数から算出したCV率が表示されています
・稼働上限:セグメント設定内の「クリエイティブが動作する上限」で設定した内容が表示されます
・表示回数/率:実際にクリエイティブが表示された回数を表します。
・クリック数/率:クリエイティブがクリックされた数を表します
・コンバージョン数/率:クリックから発生したクリエイティブでコンバージョンした数を表します。

4-2.レポート分析

左メニュー内にあるレポートの「分析」を選択します。
期間を指定してレポートを確認することができます。

①プルダウンからレポート表示をしたいサイトを選択します。
②サイトに紐づけたクリエイティブのレポート分析をすべて、または個別に選択することができます。
③レポートを比較分析するための日付を指定することができます。
④対象期間のみの合計数が一覧となって表示されています。

4-3.レポート出力

左メニュー内にあるレポートの「エクスポート」を選択します。
期間を比較してレポートを出力することができます。

①サイト選択
・目的のサイトを選択します。
②新規レポート作成
・レポート出力する期間を設定し、作成ボタンを押下すると任意の期間で設定ができます。
③エクスポート完了のお知らせ
・エクスポートには多少の時間がかかります。エクスポートが完了すると、ヘッダーのベルアイコンに新着お知らせが届きます。
お知らせが届かない、エクスポートされないという場合は、一度画面を更新してみてください。
④作成済のレポート一覧
・作成されたレポートをここからダウンロードします。
ダウンロードボタンを押下すると、レポートのダウンロードが開始されます。
・ダウンロードされたZIPファイルを解凍すると「csv_sjis」と「csv_utf8」のCSVがそれぞれのフォルダに格納されています。

 

 

ご利用までの流れTOP

 

カテゴリー
未分類

運用のチェックポイント

・リーチ数:設定の抜け漏れにより知らず知らずのうちに広告リーチを狭めていて機会損失をが発生していないか?見直す
・クリエイティブ:網羅性と多様性。
 【網羅性】テキスト、バナー、動画などフォーマット
 【多様性】クリエイティブデザインのバリエーション
・ターゲティング:
 【CV拡大】どのターゲティングがまだ活用できていないか?
 【CPA改善】どのターゲティングを除外するか?
・運用改善:
 【自社状況の把握】管理画面から取得できる様々なデータから現状を理解
 【他社状況の把握】目視による競合広告のチェック、分析ツールを活用して競合数の変化や市場の過熱感はないか?など

【キャンペーン設計】

・デモグラ:性別、年齢
・デバイス
・フォーマット:画像サイズ、掲載方式(静止画、動画)
・フリークエンシー
・リーセンシー

※媒体によっては過度な細分化は最適化にかかる期間が長期化するため推奨されていない場合もある